直井慶喜diary

直井慶喜diary

直井慶喜の熱中症を予防する食事

ども直井慶喜です。

連日暑い日が続きますねー

こうも暑いと水分補給などこまめに行ってないと本当に倒れてしまいますよね。

皆様も熱中症には、十分きおつけてください。

 

今日は熱中症予防にきく食事をご紹介します。

 

熱中症予防の為の食事

夏場はどうしても食が細くなって、そうめんのような食べやすいものだけ食べてしまいますよね。そうめんを食べるのもいいのですが、そうめんは炭水化物になりますので、それをエネルギーに変えるビタミンB1がないと体は疲れる一方です。
ビタミンB1は豚肉や豆腐、味噌といった大豆製品、モロヘイヤ、玄米などに多く含まれていますので一緒に食べるようにしていきましょう。

また免疫力を高めてくれたり、ストレスへの抗体を作ってくれるビタミンCも夏場は特に積極的に摂っていくことをおすすめします。

熱中症予防の為の食事 イメージ

ビタミンCは赤ピーマンなどカラフルな夏野菜に多く含まれます。ビタミンCは熱に弱い為、栄養を考えるのであれば生で食べることをおすすめします。
またシミ・そばかすを作る原因となる紫外線は女性にとって夏の敵。シミ・そばかす予防にもビタミンCは有効です。なるべく意識して食べるようにしましょう。

疲れの原因になる乳酸の発生を抑えてくれるクエン酸を摂るのも効果的です。クエン酸は梅干しや酢、レモン、グレープフルーツなどに含まれます。

ビタミンB1、ビタミンC、クエン酸だけ摂取すれば良いということではなく、これらを特に意識しながら他の栄養素もバランスよく摂っていくことが熱中症にならない体作りに大切です。

 

皆さまこの記事を参考にして頂いて日常生活から熱中症にならない対策をとてください。

こんなこと言ってる私がなったら元も子もないんですがね(笑)

 

以上、直井慶喜でした。

 

 

ブログランキング