直井慶喜diary

直井慶喜diary

直井慶喜 七夕の歴史

どもっ直井慶喜です!

今日は皆さま何の日だか知ってますか?そう七夕です♪

一年に一回おりひめとひこぼしが会う日なんですよ

そもそもその話がどこから来た話のか気になったので僕なりに色々調べてみました!

7月7日は七夕

今回は「七夕」について解説していきます!
なぜ7月7日が「七夕」なのかというと、棚に機で織った衣服を備える風習が由来となっています。

旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておくといった風習があって、このことから「棚機(たなばた)」という言葉が生まれたとされています。
その後に仏教が伝来すると7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられることとなりました。

それでは織姫と彦星の伝説がどこから来たのかというと、実は中国から伝わった伝説なのです。
元々あった日本の棚機という風習に中国から織女・牽牛の伝説が結びつけられる事により、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされたのでした。

日本ではほとんどが7月7日に七夕となりますが、北海道では8月7日が七夕だとされています。

 

 

 

まず中国から来た話って言うのもびっくりですし、北海道は8月7日が七夕なのにはびっくりしましたw

 

日本全国7月7日が七夕じゃないって事なんですね、勉強になりましたw

 

以上、直井慶喜でした。

 

 

 

 

 

どもっ直井慶喜です! 今日は皆さま何の日だか知ってますか?そう七夕です♪ 一年に一回おりひめとひこぼしが会う日なんですよ そもそもその話がどこから来た話のか気になったので僕なりに色々調べてみました! 7月7日は七夕 今回は「七夕」について解説していきます! なぜ7月7日が「七夕」なのかというと、棚に機で織った衣服を備える風習が由来となっています。   旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておくといった風習があって、このことから「棚機(たなばた)」という言葉が生まれたとされています。 その後に仏教が伝来すると7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられることとなりました。   それでは織姫と彦星の伝説がどこから来たのかというと、実は中国から伝わった伝説なのです。 元々あった日本の棚機という風習に中国から織女・牽牛の伝説が結びつけられる事により、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされたのでした。   日本ではほとんどが7月7日に七夕となりますが、北海道では8月7日が七夕だとされています。   まず中国から来た話って言うのもびっくりですし、北海道は8月7日が七夕なのにはびっくりしましたw 日本全国7月7日が七夕じゃないって事なんですね、勉強になりましたw 以上、直井慶喜でした。 ブログランキング